加齢によるしわ

ほうれい線のたるみが目立つと、途端に老けて見えます。目の回りのシワと同時にやって来るのでよけいです。 フェイスリフトが一番効くだろうけど、費用的にもダウンタイム的にも、それから年令的にもかなり勇気がいる手術です。その日のうちには帰れないし、多分痛みも相当なものだと推察しております。 でも、待ったなしになっているほうれい線のたるみ。引っ張り上げるのは手術しないと物理的に無理なので、取り敢えず、 目立たなく させようと思い、ヒアルロン酸をいれてみることにしました。 目の下にには入れたことがあったので、抵抗はありませんでしたが、ただでさえたるんでいるところへ、そんな液体を注入して、よけいたるむんじゃないかとか、いろいろ心配はありました。

ほうれい線のたるみを取るのに、ヒアルロン酸を入れるんならほうれい線のシワというか、線に沿ってヒアルロン酸を注入するんだと思っていました。 ところが、何と、小鼻の脇に入れるのです。それも、目の下の時と違ってわりと豪快に入れていきます。 先生いわく、散々注射してきて、最初はたるみの線に沿って入れてたけど、それだと少し下に同じような線ができてしまう人がいるのがわかった。だから、鼻の脇に入れて、グッと持ち上げる作用を期待するやり方に切り替えた と言うのです。 美容外科は、とにかくベテランの先生の方がいいですね。いろんな失敗をして、体感的に分かっていることが増えているからです。実験台になるのはまっぴらですから。 ほうれい線、きれいに消えましたよ。

Copyright(c)2015 美容外科で始まる新しいワタシ│美プロマスター発見